薬の服用

薄毛に悩んでいる人がまず効果が期待できるものとして取り入れるのが育毛剤ではないでしょうか。
直接頭皮に使用することで髪の成長に必要な栄養素を送り届けることができます。
ただし地肌が見えてしまっている状態の場合、市販の育毛剤や育毛シャンプーでは限界があります。なぜならすでに字はだが見えている場合、育毛ではなく発毛が求められているからです。

日本では発毛効果が得られる方法として、薬を服用するという方法があります。
医師の処方箋がなければ処方されないため、専門の医師の診断が必要です。人によって薄毛の原因は異なり、専門医師によって頭皮と髪の診断、血液検査、健康状態を確認してから薬が処方されます。頭皮によってプロペシア錠かフィナステリド錠のどちらかの薬の服用が進められることが多いです。

治療は一か月ごとに経過と診察そして新たに一か月間の薬の処方が行われます。定期的に通うことで薬の効果を確認しながら治療を進めることができます。
人によって異なりますが、半年から一年以内に発毛の効果が得られることが多いです。その期間薬だけでなく生活習慣の見直しや十分な睡眠、バランスの取れた食事なども気を配る必要があります。
医師の指導のもと治療を行うことで成果が得られます。